レグ君のゲーム日記EX

暑いですねっ! こんな中で日中に2年後の五輪のマラソンやらせるの?

アプカル捕獲クリア~

いやー、個人的に一番苦手だったアサルト、「アプカル捕獲指令」を、意外とアッサリとクリアできてしまいました

【やったー!】
irurushi

大尉を目指すための1度目のクリアが、何度やっても失敗続きで、実は魔宝石回収や青の症例、宝石捜索よりも失敗しているアサルトだったのですよ(つд・)

でも気分的にこーいう苦手なものは消化できれば、後々が楽になるのも事実。とりあえず練習がてらやってみるかなーと挑戦したら、クリアできてしまったのですよw


捕獲してからのアプカルの誘導は、前やったときも一発でできたんですけど、捕獲までが何度やってもできなかったんですよね~。

興味を示したようだ が出てから後ろに回ってハムシーを与える 

文章にすると簡単なんですけどね~。興味示したなら3秒で逃げるなや~w
スポンサーサイト
FF11ーアサルト | コメント:0 |

わたしは大尉です。ブライト中佐。

Zガンダムで ブライトさんがシャアに再会したときに
「お久しぶりです、クワトロ大佐」と言われた後のシャアのセリフ。

という前振りで、大尉に昇進いたしました!

やったよ クワトロ大尉に並んだよ~  これでラストバトルで

「まだだ、まだ終わらんよ!」

が言えるよ~(違


という2つめの前振りもさて置き、昇進のための作戦が残り2つというところで手間取り、雨さんの協力もあってその2つもクリアできて、いざ大尉昇進のクエが~・・・発生しませんでした


あれ?


と、アサルトのコンプリストを見ると、皇国エージェント救出が抜けてたと言う、なんとも間抜けな状態でした(´Д`;)ヾ

いや、だって、二等傭兵の作戦なんて、とっくの昔にクリアしてたもんだと思ってたんだもの(;´д⊂)

これも雨さんに手伝ってもらってクリアして、無事、昇進クエが発生したのでしたw


うし、これはもうブルト作るしかないな! ブルト作りに手を出します!

かの赤い人も言ってました「戦士は生きている限り、戦い続けなければならんのだ」
FF11ーアサルト | コメント:0 |

大尉まで@2

GW中になんとかブラックパール作戦をクリア~

青サポ赤で 怒りの旋風とフライパンで、ファストキャストに頼りつつクリムゾン脚で移動速度を速めつつ、範囲魔法でなんとかクリアできました

失敗しながら、模索しながらのクリアだったので、もうなんか目的を達成しちゃったような錯覚がありますw


って、いやいや、まだ未クリアの作戦が2つ残ってまして


指輪捜索指令(曹長)

青の症例(少尉)


この2つがもう、どうにもこうにもソロじゃ無理ゲーです。


手伝ってもらうにも 階級が足りてない人が多いんじゃないかっていう、ね



最終目的がブルトガングなので、大尉になったあとにもう一度50作戦クリアしないといけない・・・っていう現実は、今は見ないでおこうw

追記:レリック盾の第四段階、アンキレーまで作れました あとはオルデール銅貨を1万枚分集めるのみ・・・・

まあ、青なら銅貨に限りライバルが全くいない状況で稼げるので、3種類集めるのより断然効率がよくなってますがw
FF11ーアサルト | コメント:0 |

突入可能 クリア不可能

ミシックを作る上で、現状 一番障害になってるのは、実はアサルトじゃないかと思ってます

確かにソロ突入可能になったし、クリアできるのもありますが


とにかく人手が必要なアサルトも多いです

軍曹以上でソロ不可能、クリアできそうだけど運が絡む作戦をあげますと

ブラッドバス
青の症例
ブラックパール
指輪捜索
鱆号作戦

この5つに関しては ソロじゃ無理でした!
とにかく人手が足りない!

指輪捜索とブラックパールは特にソロじゃできない作戦ですね
鱆号、ブラッドバス、青の症例はソロだと運頼み

釣れない、絡まない、技使ってくれない そんな感じ

あとソロ無理じゃないけど魔宝石回収はパウブー必須かな

アレキ3万とかより、まず大尉になれませんよ (ToT)
FF11ーアサルト | コメント:0 |

少人数でサルベージ

過去(75キャップ時代)6人でさえ苦戦してきたサルベージ


キャップが99になった今、最低突入人数の3人でクリアできるのか…


結果、できることが判明してしまいましたw


それも、ある程度のNMを狙いつつw


もちろん、最低人数なので、それなりの編成にレベルは99が前提なんですが、それでもまさか3人でサルベージをクリアできてしまうとは・・・いい時代になったものです




・・・え? 新サルベージ? あっはっは


あっちは3人で行けるわけないじゃん

(ノ ゜Д゜)ノ == ┻━┻



FF11ーアサルト | コメント:0 |
| HOME |